浜なし直売 稲荷園

浜なしの花


毎朝獲れたて
TOP
浜なしとは?
商品紹介
豆知識
アクセス



 浜なしの歴史

<ひとつ前に戻る>

横浜での梨作りの歴史は、昭和20年代に青葉区、港北区、泉区などの農家が長十郎、旭、菊水といった品種を手がけたところから始まっています。

戦後の食糧難で果樹園がいも畑に変わり、ナシ園はほとんどなくなってしまいました。しかし、昭和40年代から50年代にかけて観光果樹園造成事業や、フルーツパーク設定事業といった事業によってナシ園の造成が本格化しました。

そして昭和60年には、かながわ名産100選に選ばれました。
更に、平成9年度に横浜ブランド農産物の生産振興品目に認定されました。

そして現在では、直売による新鮮さ、大玉で糖度の高い品質が評価され、需要が高まりなかなか手に入らないものになっています。